こんにちは。

岡山県でエアコンクリーニングを年間1500台以上施工しているエアピカと申します。

このページでは、今までエアコンクリーニングを頼んだことがない方に向けた、エアコンについての豆知識や役立つ情報を発信しております。読んでくださる方のお役に立てれば幸いです。

突然ですが質問です。

あなたの家のエアコンの、風の吹き出し口や風向きを変える羽(ルーバー)を覗いてみてください。

もしかして、黒い点々とした汚れが付いていませんか?

実はこの汚れ、全部『カビ』なんです。

エアコンは数年使用しただけで内部はカビまみれになっている

エアコンの冷房・除湿を使用すると、エアコン内部には大量に結露の水が発生しますので、数年で内部はカビまみれになってしまいます。

さらにエアコン内部やカビだけでなく、キッチンからの油煙や、汗やタバコ臭をはじめとする生活臭も吸い込むとともに悪臭の原因にもなるので、

「久しぶりにエアコンを付けたら臭くてたまらない!」

といった経験をした方も多いのではないでしょうか?

カビはエアコンの汚れや臭いの原因となるだけでなく、アレルギーや気管支疾患(肺炎・ぜんそく)の原因になるなど人体にも害を及ぼすので、カビが発生したら早めに取り除かなければなりません。

テレビ等で話題の『エアコンスプレー』の登場

出典:Amazon.co.jp

そこで最近、テレビ等で取り上げられているのが『エアコンスプレー』です。

エアコンスプレーは、薬局やホームセンターなどで販売しているお掃除アイテムで、スプレーするだけでエアコン内部が掃除できるという手軽さで、大人気の商品です。

ですが、エアコンクリーニングのプロの目線から見ても、エアコンスプレーは『絶対に』おすすめできません。

「どうせエアコンリーニングの注文をたくさん取ろうとして、自分たちに都合が良いことばかり言ってるんでしょ?これだから業者ってやつは…」

と思う方もいるかもしれません。笑

ですが、エアコンスプレーでは内部まで綺麗にできないどころか、逆にカビが酷くなってしまって手に負えない状況になっている…。そんなお客様を数えきれないほど見てきました。

そこで今回は、エアコンスプレーをおすすめできない4つの理由をご紹介します。

エアコンスプレーをおすすめできない4つの理由

①そもそもあまり綺麗にならない

エアコンスプレーは、エアコン内部の『熱交換器』や『送風ファン』にシューっと吹きかけると「なんか綺麗になった気がする?」という気分は味わうことができますが、長年こびり付いた汚れについてはあまり効果がありません。

実際に、「エアコンスプレーを1万円近くかけてスプレーを5本使ったのに全然綺麗にならなくて、諦めて業者に掃除を頼むことにした。本当に余計な出費だった。」

というお客様も過去にいました。

②かえってカビや臭いが酷くなることも

エアコンスプレーを使ったあとは、しっかりと『すすぎ』を行わないと洗浄剤の成分がエアコン内部に残ってしまい、『ベタベタした状態』になります。

『ベタベタした状態』とは、汚れが付きやすい状態でもあるため、スプレー後そのまま放置するとかえって汚れが酷くなってしまうこともあります。(すすぎ不要のものでも同じです)

それどころか、落としきれずに残った洗浄剤や水分、ホコリなどが新たにカビの栄養分になり、「何もしなかった方がよっぽどマシ。」というくらい酷い状態になってしまったエアコンも散々見てきました。

人間に例えると、『お風呂でシャンプーして洗い流さないのと同じことをやっている』と言えばイメージしやすいでしょうか。

③水漏れ・故障・火災の原因にもなる

エアコン内部では、発生した結露の水がドレンパンという水受け皿からドレンホースを通じて外に排出されていくのですが、エアコンスプレーによって内部のホコリが固まってしまうと、排水経路に詰まってエアコン本体から大量に水漏れすることがあります。

また、電装部分にスプレーがかかるとエアコン自体が故障し動かなったり、過去には洗浄剤の残留により火災が発生したケースもあります。

④エアコン製造メーカーは各社揃って『使うな』と言っている

エアコンの取扱説明書には、必ずこう書いてあります。

『禁止。お客様自身でエアコン内部の洗浄をしない。』

世界一のエアコンメーカーであるダイキンのHPにも、『市販の洗浄スプレーは、ご使用しないでください。』と明記してあります。

つまりエアコンの製造メーカーも、メンテナンスを行っている我々も、『エアコンスプレーは使ってはいけない。』と口を揃えて言っているのです。

ちなみに、エアコンスプレーを作っている会社は、エアコンの製造をしていない会社ばかりであることも付け加えておきます。

一足先にエアコンスプレーを買ってしまった人は

「それもっと早く聞きたかった・・・エアコンスプレー買っちゃったよ~。涙」

という方は安心してください。

エアコンスプレーは洗剤としては普通に使えるので、余ったスプレーはエアコンフィルターの掃除や、水回りのお手入れなどに使うことをおすすめします。

ただしエアコン内部には決して使わないでくださいね。笑

プロが勧めるエアコンのお手入れ方法の記事ついてはこちらのリンクをご覧ください。

まとめ:エアコンスプレーはエアコン以外で使おう。笑

今回は、エアコン洗浄スプレーがいかに危険なものかを解説しました。

エアコンは、数年放置して使い続けると内部にカビが発生して風と一緒にカビをまき散らしてしまう危険性のある家電製品です。

くれぐれもお客様自身での洗浄は控えていただき、できるだけ専門の業者に依頼することをおすすめします。

この記事を読んで、それでも『エアコンスプレーをエアコン内部にぶちまけたくて仕方がない』というハートマッスルな方は、一緒にお酒でも飲みに行きましょうか。笑

皆さまが快適なエアコンライフを送れることを祈ります。

それでは今日も皆さまの健康と幸せを願って。ありがとうございました。